« 名古屋戦 勝ちました | トップページ | チケット買わなきゃ。 »

2006/03/12

J1-02名古屋グランパス8戦 観戦記

新潟を出たのは金曜日の午後5時過ぎ、実家に付いたのは金曜日の11時近く。そして、土曜日観戦して、日曜日に鈍行に揺られ、帰ってきました。おもわず、先週の甲府で青春18キップかったら、どうなったかと思案してみたものの。座り疲れと気温の変化に体がバテぎみ。今年もこの生活が続くとなると・・・・・・、ちょっと自信無し。

では、改めまして観戦記をツラツラと。

060311g8_01
現地到着は、開場直後でした。まだ、春という感じはしませんが、新潟からみたら暖かいなぁ。でも、当日は風がやや強かったですねぇ。

060311g8_02
コソーリと最上段から撮影。手すりにカメラを固定してほぼ中央で撮影してミマシタ。ピッチはこうみると、排水の都合上 画面右に傾けてあるのでしょうか?

060311g8_03
毎年 機械が壊れる「パルちゃんバズーカ」ですが、今年は途中で弾切れをおこしてました。気を取り直して、バックスタンドへ発射。

060311g8_04
パルちゃんショーは、カーリング+イナバウアー&HGネタです。ぱるちゃんの胸には金メダル付きでした。ご覧頂くと判りますが、メインのセンター選手入場口あたり、JALバナーは無くなってます>ポジションチェンジでグリコが中央、PUMAは継続、新規で「東海パルプ」が追加設定。ところどころにスポンサーの入れ替えが。「スター精密」が一年限りになってしまったのはやはりちょっと痛いですね。

060311g8_05
相変わらず人気のピュアパスタ。今年からはレギュラー出展のようです。となるとシーズン的に夏場は冷たいパスタが食えるのか??アウェイサポはちょっといきづらい西側ゴール裏、スコアボードの下あたり。今回は電子レンジ2台で再加熱。これでウェイティングがありますので並ぶ方はお早めに&心に余裕を持って。歩いてみましたが、メインスタンドは相変わらずでしたのでそれほど期待できません。やっぱお弁当よりは単品の方がいいみたいですよ>出店者のみなさん。アウェイサポにはステーキサンドとおでんのブースが人気ですね。<このへんは変わらず。

060311g8_06
で、ノボリの表彰と社長の短めの話。あとは市長が大型ビジョンをつけると、改めて宣言。(ついでにメインスタンド側に屋根つけてクレや)

060311g8_07str
で、花火の火薬が漂う中 撮影。

060311g8_08gol
オリジナルポジションで右に兵働、左に藤本。なぜか先制。

060311g8_09away
片道約200kmの旅 お疲れさんです。外国籍選手のいない名古屋、大型補強のない名古屋には違和感が。チームがこじんまりしてきましたな。監督の戦術は清水に似ていて、名古屋っぽくない。右DFの大森から前線へのロングパスは見事。後半は市川が対処したからかもしれないが、あの距離は今のエスパができてない技。(トライしているのは左DFの山西だが、甲府戦を見ても、明らかに精度が低すぎ。)

060311g8_10ck
CK時の守備がベタになるのはどのチームも判っているので、極端にボックスのなかでポジションとるチームが激減。やや遠めから一気になだれ込んできますが、以外にも撥ね退けるし、セカンドボールもなんとかしてしまう・・・・・。進歩といえば進歩だわ。

060311g8_11gol
で、前半はこんなもんかな?と思っていたらDFを追いかけていたマルキが奪うことに成功してシュート!で零れ落ちたボールをJJが突っ込んでゴール!!2点目だと。

060311g8_12
後半は、3人をドンドンと入れ替えてくる名古屋に対し、今日は交代なしかもと思われるくらい安定した守備でなんとか、まったりという雰囲気が久しぶりに出始めて。

060311g8_13end
終了してしまいました。お(・∀・)め(・∀・)で(・∀・)と(・∀・)う!

060311g8_14end
いきなり歌うことになった「王者の旗」っていうのも背中がなんかムズムズして、勝ちなれてないのを実感。

さて、なんだかんだで連勝。去年は実質 連勝というのがなかったということで、ほっとしたいところであるが、序盤の相手のデキを見れば、安心するほどのレベルではない。
甲府については選手のクオリティの違いと中盤の構成力の差が、グランパスについても軸となる主力選手(藤田・楢崎・新外国人)の不在と、相手の戦力と戦術が整わないなかで、さしたる戦力の低下もなかった清水が、当然の勝ち星を挙げている。今後の対戦相手を見ても18日がFC東京、21日がJEF千葉となんとなく、もやもやっとした課題を抱えているチームが続く。今期 上位に進出するチャンスとしてはこのスタート5試合を4勝1敗以上で稼ぎたいところ。特に4月の対戦相手は最近の対戦成績が悪いチームが続いている。今勝つことがうれしいのはわかるが、決してコチラの力技ではない(もちろん選手・チームにより相応の努力はあるから勝てているのであるが)。

清水の問題点は、藤本の目処が立ったことにより、左MFレギュラーが不得手なポジションで動かざるをえないというストレスと、縦へのスピード不足。特にFW陣が速いなかで、この2人の足が遅れることで、枝村に相応のスピードが要求される。でなければファーストブレイクといいながらも、実質FW2人でのシュートなってしまい。またボールは運べているのに前線に人が足りないというジレンマになる。いまはJJのシュート精度が非常に高いので問題はないが、マルキのように持ちすぎ、待ちきれず、でシュートまでがブレはじめたらと思うと・・・・・。

ということで、大卒ルーキーとその先輩、2人にかかる期待は大きいし、相手チームに押さえられたときの采配が見ものということで次節を楽しみにしましょう。攻撃的MFのバランスが崩れたときが平松・山本・太田くんの出番ですが、まずはベンチに入らないと。

|

« 名古屋戦 勝ちました | トップページ | チケット買わなきゃ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: J1-02名古屋グランパス8戦 観戦記:

« 名古屋戦 勝ちました | トップページ | チケット買わなきゃ。 »