« ノボリ引退 | トップページ | ノボリ引退セレモニー »

2005/11/27

J1 第33節鹿島アントラーズ戦観戦記(残留の頂)

  優勝に向けて勝ち点3が欲しい鹿島。残留に向けて、あと、勝ち点1だった清水。結果は、競り合いに競り合いを重ねての引き分け。清水は目標を達成することができたが、鹿島は痛恨の勝ち点1。それでも、上位陣のエンジンがノッキングを起こしており、すんなりとは行かない。最終節に勝利し、優勝するチームはどこなのか。

試合は、完成度が高い鹿島が局面局面での強さを見せて、押し込む。エスパルスは、粘り強い守備で対応。守備陣から出されるロングボールの競り合いも、JJが強さを、マルキーニョスが前を向いてのキープを繰り返すことにより、ゴールは割らせない。最近 メンバーの負傷により固定できていない右サイドMFには沢登が先発。それなりの活躍してきた久保山・テウッ、ケガが治癒していないのか太田もベンチにも入っていないことから、サブメンバーは西野・村松などが控える。DFの斎藤も連戦の痛みが出たようで、ベンチ外。柏・神戸と連戦により選手も疲労の色は強く、神戸戦よりは動きが向上しているようにみえるが、まだまだ重そう。

モチベーションでは、両チーム この試合に賭ける部分も大きく、前半 鹿島の中盤に振り回されていた枝村がミドルシュート。バー直撃弾は、FWの前にこぼれ、マルキーニョスがゴール。耐えていたエスパルスが先制。
しかし、前半終了間際での失点。意識していないわけではないだろうが、その前のシュートやクロスで攻撃を終わらせるあたりから、時間配分の下手さは変わらず。今シーズン恒例の終了間際の失点がここにきても続いているということは、相互理解もあるが、試合経験の少ないメンバー構成で、局面の対処が優先され、冷静に相手の顔色を伺いながらの90分、45分というゲームの刻みが体に染みていないのか。

後半も鹿島の攻勢が続くが、前半 鹿島のリカルジーニョが痛んで、交代策が取られたことで小笠原が、下がり目の位置になった。彼の突進エリアが前には長くなったことで、こちらの中盤メンバー負荷もやや減少。同点では困ることからか、攻め急ぎが目立ち、ゴール前の混戦から前に重心がかかっているアントラーズの守備陣にめがけて、ロングボールが出て、エスパルスが仕掛けていく、少ない人数で、サイドをチェンジするクロスがでると、さらにチャンスは広がるものの、一歩の鋭さが無かったり、ゴール前でのシュートに力みがあったりと粗雑さが見え隠れして、なかなかゴールに結びつかない。

この何度かの繰り返しの後、手薄になった鹿島ゴールに向け自陣でクリアからキープ。
左サイドにチェンジボールがだされ、マルキーニョスがサイドでキープしながら突進し、ゴール。2-1と再びリードした。前半で痛んだJJが西野に変わったことで、ターゲットに当てたあとのセカンドボールの保持率が低下したものの、攻撃を強める鹿島守備陣までが上がったことで、サイドは視界が広がり、簡単なエスパルスのロングボールでも駆け抜けて追いつけるようになった。

しかし、1点のリードからは、意識がこのまま守りきっての勝利を目指したのか、中盤の守備も番犬はするものの、ボール奪取にはいたらず危険なエリアでのパスを許し始める。鹿島はFW&MF右サイドに深井を投入することにより、ついには無理やりと言う感じでミドルシュートからのゴールを奪った。前半 沢登が同じような視界からミドルを撃ったときはサイドカーブがかかり、アウトしたボールが、深井のボールは西部の右手上エリアに突き刺さるゴール、シュートのクォリティがやはり上位とは差がある。

その後は、同点となったことで、残り時間から目標が明確になったエスパルスが、ベンチからの指示もあり、手堅い攻撃を繰り返すことになり、攻撃に専念している鹿島のDF横から攻め込むことで緊張感を持続させた。結果は、ロスタイム3戦連続ゴールとはならなかったものの、序盤の攻勢を凌いだエスパルスが勝ちを逃したものの、優勝争いチームに堂々と引き分けた、というポジティブな結果。

しかし、90分と通じてのゲームメイクでは幼さが残る部分が印象を深く、テクニックや経験という言葉では表現しづらい「意識」・「嗅覚」というセンスがこれから必要になると思う。
ホーム最終戦のセレモニーを終えて、なんだか、今シーズンが終わったような錯覚を覚えるが、チームのプレイヤーには来期契約のレターが各自に届くはず。最終節では、残留降格のプレッシャーが無くなったなか、どんなメンバーがどのような活躍を期待させてくれるのか?ガケップチなメンバーの躍動に期待したい。

051127kasima01
選手バス入場とともに、ノボリコールが響く

051127kasima02
寄書のフラッグ、この時点ではまだまだスペースに余裕があった。

051127kasima03
ユース、ジュニアユース、江尻?フットサルチーム?の挨拶

051127kasima04
No.12の文字。

051127kasima05
今シーズン 最後のフォトパルス

051127kasima06
アップ開始

051127kasima07
No.10

051127kasima08
先発はこちらの皆さん。
051127kasima09

051127kasima10
鹿島の攻勢が続く序盤

051127kasima11g
ゴールはミドルから、跳ね返りをマルキーニョス

051127kasima12g

051127kasima13g
鹿島の攻撃を跳ね返していたが、前半終了間際に

051127kasima14g
後半、マルキーニョスのゴール。焦る鹿島、疲れてきたノボリは交代。

051127kasima15
浩太がノボリと同ポジションで出場。

051127kasima16
のこり15分以上は守りきれず、同点に追いつかれる。
ベンチは柏の戦いを見て、判断していたよう。

051127kasima17ck
最後のチャンスも前線には少数

051127kasima18
倒れこむ者 多数。

|

« ノボリ引退 | トップページ | ノボリ引退セレモニー »

コメント

題名が「J1第33節V神戸戦観戦記」になっております。「~第33節鹿島戦~」が正当かと。

投稿: 通りすがり | 2005/11/29 16:19

通りすがり様へ

ご指摘ありがとうございます。

ありゃりゃ。やっちぃまいました。
安易に、コピペして修正しているのが
バレバレですね、(;´Д`)

失礼しました m(__)m

投稿: 川口 | 2005/11/29 20:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: J1 第33節鹿島アントラーズ戦観戦記(残留の頂):

» 【清水エスパルス】ノボリありがとう 鹿島戦@現地レポ [*marosaka*]
今日は対戦相手が優勝争いの真っ只中の鹿島だったり、幸運にもフォトパルスが当たって... [続きを読む]

受信: 2005/11/27 14:48

» 去り行く背番号10の背中に [横浜からエスパルスを応援してみるブログ]
優勝の為には負けられない鹿島と、ノボリのホーム最終戦を勝利で飾りたい清水。 方向性は違うけど勝利と勝点3が何としてでも欲しい2チームの意地がぶつかり合った試合だった。 試合開始早々、ノボリがドリブルで内に切れ込んでミドルシュート、僅かに枠を逸れるが....... [続きを読む]

受信: 2005/11/27 17:30

« ノボリ引退 | トップページ | ノボリ引退セレモニー »