« ま、何て言うか | トップページ | Fマリ戦追記ドナドナ »

2005/11/13

J1第30節 横浜Fマリノス戦観戦記(まだまだ)

051112yfm_11ht
試合内容は良かった、サッカーとしては面白かったと思う。

足りないものは「結果」という勝ち点だけ。

個人でもチームでも僅差の経験値で負けた、そんな試合だったと思います。

グズグズいうのはこれくらいにして、

次の週末は、勝ち点を与えない戦いをしなくてはなりません。

とりあえず、いろいろ後で追記しますが、まずは写真をアップ。

11/14 写真下に観戦記を追記しました。

051112yfm_01

051112yfm_02

051112yfm_03

051112yfm_04

051112yfm_05

051112yfm_06

051112yfm_07

051112yfm_08

051112yfm_09

051112yfm_10

051112yfm_12

051112yfm_13gol1

051112yfm_14pkg

051112yfm_15pk

051112yfm_16

051112yfm_17end

(追記)

最近の週末はこんな会話が恒例。

「あしたどこいくの?」

「勝ち点とりに」

「どこ」

「Fマリ」

「やばいンじゃん」

「ソンナン、関係ね~・・・・。でわ、行ってくるわ!」

小雨がまだ降る中、駅までのバスに揺られて、ガタゴトと銀河鉄道に揺られて、清水駅まで約4時間半・・・・。始まる前からグッタリだし、駅にもバスにも、Fマリの人もいるし。いつの間にか、気持ちよく晴れてるし。14時にはスタジアムに到着、まだ早い。で、遅い昼食。
銀河鉄道のたびの欠点は、落ち着いて昼飯が食えないこと。今回 かなりタイトな乗り換えだったので、車中で食べることができませんでした。結果 日本平で遅めの昼食。

そんなところで。今回はパルちゃんショーは撮影せず、「長州小力」ネタを楽しんでました、本家のモノマネをあんまり見たこと無いので分からんですが、面白かったです。ちょっと前にはFマリサポむけにアウェイサイドでもコネタをやってあげていたのですが、気づきましたか、皆さん。

試合についてですが、いきなり開始1分でゴール!かト思うほどの素晴らしい繋ぎ。

でも、ゴールが割れず、こりゃ、今日も苦労するな、Fマリのゴール前が堅い。こっちもラインも上げて、コンパクト。途中じゃ、なぶり殺し状態?と思えるほどマイボールが増えるし、広島産ドラゴンは、新人と和道が抑えているし。点が入らんし、守備は互いに堅いし、今日は引き分けかぁ。チャンスこね~かなぁ。と思ったんですが、Fマリおかちゃんのほうがケンタより上手でした。

Fマリのベンチメンバーが良かった、90分使えるやつはすくないけど、45分ならなんとかなるメンバーが多数。前半の奥さんのデキを見切ってマグロン投入、次にはグラウ投入、そんで那須投入、と、見た目は豪華ですが多少ナン有りな体調な面子。だが、やはり問題を抱えている先発陣と控えの差が少ない。

こっちは、やっぱりギャンブルといえるテウク、スパイスとはなるけど決定打ではないノボリと西野と、いうクオリティの差が。なによりも、点が欲しくてポストプレイを粘り強く我慢していた韓国龍がハズしてしまう。

悔しいのは本人が一番わかっているはずだが、なぜかを考える理由はイロイロ。PKの場面で言えば、榎本弟に落ち着く時間稼ぎを積極的に実施していたFマリのお二人。対して、その抗議に割って入って、終わらせるヨユーがないウチ。榎本弟も我慢してなかなか動かなかったしな。点が取れなかったのは仕方ない、この試合でもセットプレイからクリアが足りず、相手ミドル!ってやつをJJはヘッドで弾き出したことを考えれば相殺という気もする。

イチのクロスが引っかかってしまうのも、本人の問題だけか? 守備面でも連携できていたのは、前半。後半は沈黙。フォローが無い状況でも苦手な単騎突破を試みるなどがんばってはいたが、センターの青山にまだ信頼がないためか、イチへのパスだしは、和道か下がってきたテル。このとき前に太田はサイド前に突っ込むしかない、つまる。中盤センターへ下げる、Fマリに拾われる。ほんとは、下がったテルの位置に太田が・マルキが入って、パスを受けたりしたいがバランスが悪い。

サイド際でイチ>太田ではなくて、サイド際でイチ>流れてきたマルキが選択肢にないといけない。本人のクロスも悪いけど、選択肢がなければ、引っかかるし。悪いときのエスパは、中央ガラガラ、サイドに張りすぎで、布陣が「O」状のような配置。できれば「G」のように切れ込んでほしいなぁ。

個人一人ひとりは頑張っているが、チーム力になってない状況は変わらず。別に優勝を争っているわけではない、嘆いても3点も1点も帰ってくるわけではない。競合チームの状況も大して変わらない。そのなかでも、大崩せずに来ているのであるから、この負けは受け入れて、のこり4試合に望んで欲しい。

以前に比較すると、失点後の焦燥感は選手には少ない。むしろ、ホーム日本平の観衆(ゴール裏以外)のほうが、相変わらず焦っている雰囲気を醸し出している。そういう意味では、アウェイのほうがやりやすいということに納得してしまう。もう少しだけ見ているほうにタフさが欲しい。勝てなくて悲しいのは判っている、だれでも勝ちゲームを見たいのは一緒。力になれるホームであって欲しい。

次節 日立台にてお待ちしております。

|

« ま、何て言うか | トップページ | Fマリ戦追記ドナドナ »

コメント

こんにちは。まろです。
川口さんの撮った写真って本当に綺麗
ですよね。新しく買ったカメラにまだ慣れてい
なくて、夜の試合なんかは特にブレてしまい
ます。

今週の柏ですが強行突破で応援に向かいます。アウェイといえども、柏をオレンジに染めて
選手を盛り上げてあげましょう!

投稿: まろ | 2005/11/14 09:10

まろさんへ

非常に悔しい結果でしたが、
終わったことはしょうがありません、
次節 日立台が正念場になりました。
勝てるように、いや勝つように声援を送りましょう。

さて、写真がキレイとはうれしいお言葉です
(〃 ̄ー ̄〃)
とはいえ、アップするときは原寸の10%に
リサイズなんでなんとかバランスがとれてる
だけで、実はブレブレです。
PCに取り込むときが一番落ち込みます。
この辺は画素数が多いとブレヤスイので
しょうがないですね(一脚が欲しいです)。
特にナイトゲームはオートだとどうしても
フラッシュが自動で点いてしまいますので、
マニュアルでISO感度を上げてますが、
そうすると、画像の粒子が粗くて。

この土曜日の日本平は天気もよくて、
昼から夕方の空も程度に雲が出ていて、
気持ちの良い空色でした。
で、ついついホーム日本平では
空を写したくなるのです。

投稿: 川口 | 2005/11/14 23:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: J1第30節 横浜Fマリノス戦観戦記(まだまだ):

» 第30節 vs横浜FM 子連れ観戦記 "サッカー編" [ぱる・さとのなんとなーくサッカー中心生活]
昨日は、はるちゃん&あいちゃんを連れて、日本平に行ってきました。 相手は試合よりも、2歳9ヶ月&もうすぐ1歳の幼児二人で、試合も最後まで見れないかと思っていたのですが、意外とそんなことなく、ちゃんと試合が終わるまで見ることが出来ました。 さてさて、本題の試合...... [続きを読む]

受信: 2005/11/14 02:14

« ま、何て言うか | トップページ | Fマリ戦追記ドナドナ »