« 準備はいいかい? | トップページ | J1第14節 名古屋戦日記 »

2005/07/04

J1第13節 鹿島戦観戦記

ただいま、作成していたエントリーがぶっ壊れました。。。。。
(ρw-).。o○ もう一度はできないので、許してください。
でぇわ、明日ガンバリマス。
(映像だけでユルセ)
※追記:2005年7月4日

試合の感想・・・・。
性能差は小さいけど、結果は大きかった、と。
波崎ピーマンプレゼントの図
枠内にはいるとピーマン1袋、サイドの枠に入ると2袋ゲットです。
ツミレ汁は・・・・・、ナビ杯のキンメ煮付けほうがビ

アウェイゴール裏は、ナビ杯比200%の6ブロック、しかも少ないような気が、


アップ開始


GKは黒河、海人。

ホームゴール裏、2Fを開放しているせいか。両脇上部に穴があり
前回よりもスカスカな気もしないではない。結果13千人ということでナビ杯よりは
入っているんですけど、それで、あのくらい渋滞するということは、
まさに川の向こうは、水郷国鹿嶋独立国家ですえ。

スタ面子、鹿島は代表メンバー付です。
エスパの控え組みは、太田以外が背番号30番台というチーム事情


いきなり、失点。もう・・・・慣れました。どうせ同点に(は)できるし。
振り返ると、GKとDFの連携が未熟、立ち上がりに無理してサイドにクリアする
必要があるか疑問。
黒河が試合開始後、ボールに触れてないことを考えると、
CKに逃げたほうが各自が集中できたかも(結果論です。)


攻めるンですけど。

鹿島は、立ち上がりの得点で気が楽になったというのと、4バックに対しては、エスパ右サイド(ノボリの位置あたり)から新井場?小笠原?が低く速めのロングボールをクロスに山西側に流します。
これで押し込まれるので、CMFの2人もカバーで流れます。で、和道がセカンドボールを拾うのですが、バウンドの処理が難しいボールが多くてダイレクトに攻められません。テルもパス精度悪し、ということでエスパの守備時はかなり3ラインが長めになります。途中からラインを上げて、オフサイドが多用されてなんとか凌ぐのですが、トップにいい形でボールが渡ることはあまりありません。



後半 至近距離からのボールをセーブする黒河。跳ね返りはハズレ


カウンターから2点目を獲られる。

後半、相手のやや運動量が落ちているのと、気持ちでも攻めにでたからか、前にいけるようになりましたが、押し込むまで至らず、逆にカウンター浴びて、小笠原からキレいなクロスでゴールを許し2点目。チーム状態が良くなったせいか、相手の攻勢が始まる時期に、簡単に勢いをきる、試合をとめる、という守備が疎かになっていると思うのです。相手ボールのときは、各自追いかけるのですが、体を寄せることが優先で、ボールを奪うための足がでません。簡単に言うと守備があっさりしているし、軽い。止めてやるという意識は見えない。で、バッテリーが切れるノボリとかを交代して、攻撃するということであるが、まぁ、ケンタも頑固だからトノはトップで90分使った。状況を見ればスピード系2トップにチェンジかと思ったんですが、これには、ケンタ監督の意地を感じたし戦術は変えるつもりないのね、と。目先の勝負にこだわる年ではないし、イイケド。

テウクへのファールから、ゴール前でFK、キッカーは森岡。


太田のゴールで、2-1.アントラーズはアリへのファールをアピール?!

良く判らない遠くのゴールで追撃の1点が入り、結果は2-1。テウクのヘッドとか惜しいシュートもあったけど、それくらい。JJがいないときのチーム力は30%くらい落ちるということでしょうか。
まだまだ、試合は続くんですけど、試合間隔が短いだけにズルズルいきそうな結果だ。
2日でどれくらい切り替えできるか?かくれたケガ人も多い。
(追記 ここまで)


とりあえず、課題があるな、イロイロと。

|

« 準備はいいかい? | トップページ | J1第14節 名古屋戦日記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: J1第13節 鹿島戦観戦記:

» 【Jリーグ】エスパvsアントラーズ 2-1で負けちゃった [*marosaka*]
昨日怪我をしてしまった西部に代わりクロの先発。開始1分にミネーロさんに先制されて... [続きを読む]

受信: 2005/07/04 09:04

» 第13節 鹿島アントラーズ戦 関連記事 [ぱるるアンテナ]
2005年 第13節 清水エスパルス vs 鹿島アントラーズ | 鹿スタ ■関連記事 [続きを読む]

受信: 2005/07/05 00:48

« 準備はいいかい? | トップページ | J1第14節 名古屋戦日記 »