« 業務連絡 | トップページ | 鹿島戦は »

2005/06/28

ルール改正

FIFAからの通達に基づいて、7月1日から有効になるそうです。JFAのpdfファイルを拝見して、興味深いと思ったのはこんなところでした。

(1)主審は、プレーを再開する前、または試合を終結する前ならばその直前の決定が正しくないことに気付いたとき、または主審の判断によって副審の助言を採用したときのみ、決定を変えることができる。

<JFAの解説にあった、「試合終了後も、副審がフラッグを挙げ続けた事例」、勇気のある副審なのかいや、空気が読めなかっただけか、そんな副審がJにも欲しい、いや、いっそのこと、問題ある判定については、試合終了前にMCから物言いがついたら判定が取り消されるとか・・・・・とうでしょう。

(2)相手の安全に危険を及ぼすようなタックルは、著しく不正なプレーとして罰せられなければならない。

<「後方からのタックルは」部分が修正されて、どこからでもヤバイと思われるものはダメと。。。。。。浩太への中む(な)アタックのケースは×と。( ..)φメモメモ
逆に中盤~DFのハードマーカータイプには暫く厳しい判定が続くでしょうね。

(3)PK・・・・・注)これはちと長いが面白い。
ボールがゴールに入らなかった場合、主審はプレーを停止し、守備側チームの間接フリーキックで試合を再開する。(日本協会の解説:この条項には、主審がペナルティーキックを行う合図をして、ボールがインプレーになる前に、攻撃側の競技者が行う違反、守備側競技者が行う違反、そして両方の競技者が行う違反と区別してそれぞれの罰則が整理されている。しかし、その中でも特に、ペナルティーキックを行う競技者(キッカー)の違反とキッカーの味方競技者による違反、すなわち、攻撃側の競技者による違反に関しての条文に不明瞭なところがあったため、新しい文章のとおり改正された。ペナルティーキックが行われた後、ボールがゴールに入らなかった場合とは、
1)そのままフィールドの外に出て、ゴールキックになる。
2)ゴールキーパーが保持する。
3)ゴールキーパーがはじきフィールドの外に出て、コーナーキックになる。
4)ゴールポスト、クロスバーまたはゴールキーパーからフィールド内に跳ね返る。
などの状況があり、特に3)と4)については解釈が明確になっていなかった。1)と2)に
ついてはアドバンテージを適用して、1)ゴールキックで再開、2)プレーを続けさせることでよいが、3)と4)についてはボールがはじかれた、あるいは跳ね返った時点でプレーを止め、そのときボールのあった地点から、守備側チームの間接フリーキックで試合を再開させることになる。

つまりだ、PK>ゴールキーパーが弾いた>コーナーキック、ゲッと>まだまぁだ、チャンス! >♪決めろよ!決めろよ!ゴー(ル)♪っていうパターンはなしですか?
これからはPKでGKが弾いたこころで、ぁ、はぃ、終了。間接FKね!と守備側やや有利になりますよね。(って間違ってます。)PKの見せ場は、とりあえず、止めればイィという状況に変化するのでしょうか?

(4)第15条 ‐ スローイン
すべての相手競技者は、スローインが行われる地点から少なくても2メートル離れる。ボールがフィールドに入ったがインプレーとなる。

<スローインに比較的 寛容なエスパには最適なルールだ。しかし、2メートル離れていろというものの計測は歩測するのか?距離の判断が難しいトオモウガ。

(5)第12条 ‐ ファウルと不正行為
いったん主審がフリーキックを与えるために試合を停止した後、ファウルを犯したチームの競技者がプレーの再開を遅らせるために意図的にボールに触れたと判断されるならば、イエローカードをもって罰しなければならない。この罰則は、スローインまたはコーナーキックが相手チームに与えられたときにボールに触れた競技者、また、競技者のチームが得点をした後ボールをゴールネットから取り去った場合(相手チームのゴールキック)にも適用される。
理由:明確なガイドラインを示し、ボールを数秒間抱える、あるいは遠くに投げることでプレーの再開を遅らせ、これによって守備側競技者のポジションを確保しようとする反スポーツ的戦術を止めさせなければならない。また、競技者がボールを争って取り合うとすることも止めさせなければならない。

<ってことは、ゴールの後、センターサークルにボールを置く行為ができないってことですね。

(6)ボール
評議会は、FIFA がペルーでの2005 FIFA U‐17 世界選手権大会、日本でのFIFA クラブワールドチャンピオンシップトヨタカップジャパン2005 時に新しいゴールラインボール技術の実験をすることを承認した。FIFA は、今後の会議の場において、この実験結果について報告する。

<噂のゴールインしたかどうか、判定するシステムが年末の日本でも登場するということです。

<最後の2つ(不正行為とボール)は試験的な導入だそうなので、多少 変化する可能性があるとは思いますが、そういえば、ゴール後 ボールをセンターサークルにセットするしないで揉めること、小競り合いもあるんでちょっとしかたないかな。

ということで、7月2日~3日の審判はAmazingな判定と言われないようにがんばりましょう。選手は試合に必ず出現するので熟読するように。

|

« 業務連絡 | トップページ | 鹿島戦は »

コメント

こんにちは。

今回色々ルールが改正になりましたね。

>これからはPKでGKが弾いたこころで、ぁ、はぃ、終了。間接
>FKね!と守備側やや有利になりますよね。(って間違ってます
>。)PKの見せ場は、とりあえず、止めればイィという状況に変
>化するのでしょうか?

今回追加されたのはPK全体の記述ではなく、「違反と罰則」部分の
記述でインプレー前に攻撃側のファールが有った場合のリスタート
手順が今まで明確になっていなかったもの(ただ単にキックを再び
行わないとしか記述がなかった)を間接FKにすると明確化された
ものだと理解しています。

ということで、PKのルールについては以前と同じでインプレー後
にファールがなくPKが行われてGKがボールをゴールラインの外
に出せばCKとなるということは変らないなずです。

投稿: tokusan | 2005/06/29 09:55

tokusanさんへ

そうですよね、そんな守備側にうまい話はないとおもってましたが、
やっぱり、よく文書を読み込んでないのがバレバレでした。
PK時に攻撃側がファイールした場合の解釈でしたか(汗
ご指摘ありがとうございました。

投稿: 川口 | 2005/06/29 10:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルール改正:

« 業務連絡 | トップページ | 鹿島戦は »