« 試金石となるセレッソ戦 | トップページ | オランダは遥かに遠く、成田は近い »

2005/05/28

ナビ杯第4節 セレッソ大阪戦 観戦記

これまでの成長をホームでいかにアピールするか?が焦点でしたが。客観的に見ても面白い試合。試合展開は、アウェイの先制点、同点弾、さらに1点ビハインドからの逆転劇。両チームのサポでなくても楽しめた試合でした。
 
 


今日のメンツです、エスパはベンチに、青山とか岩下とか、新人系がそろそろと。


前回の対戦と同じく、アウトサイドのゼ・カルロスが前目に張ります。しかし、こっちは市川が抑えます。今日はテウッのサイドをセレッソが使って来ました。久藤が意識的にスペースへ入り込み、テウッの後ろをカバーするに山西が苦労します。前半は、センターMFが落ち着いてボールを裁いているセレッソが攻めます。エスパは、セレッソのショートパスでの崩しに付いていけてません。


PKの判定にAmazingってところです。それも噂の岡田さんですから、スタンドの反応もヒドイ。


これはやり直しとなった1回目のPK、ゼ・カルロスは蹴ってません。しかし、ご指摘のように、皆さん前出すぎ(汗


これは2回目のPK、まぁ、蹴るまで我慢しているなぁ、さすがに。


ということで、その後、東側ゴール前での混戦から、俊秀が蹴りこんで1-1同点。これで落ち着くかと思ったら。


久藤から崩されて、西澤に決められて、1-2、ビハインドで前半終了。途中経過でマルケス名古屋が勝ったので、ちょっと勝ち点計算してみる。


後半、エスパルスが攻めます。セレッソのラインが下がり気味。イチも上がるし、なんだか、久藤のところ以外はセレッソは動きが鈍い。モリシが全然目立たん。西澤がキープできなくなってきた。斎藤・森岡が競り勝つことが多くなってきました。


と思ったら、ゴール前でボールが廻り、右から切れ込んだ康平が角度の無いことからシュートで同点。康平、ついに覚醒したか??いまだシンジラレズ。


その後も、相変わらず、攻め込めます。


センターでボールが回ってきた和道が慣れないフェイントをかけて、横へスライド。軌道を確保してシュート!左ポストに当たって・・・・・・入っちまいました(大汗&大笑 その後、選手交代がそれぞれありましたが、前回のようなイキナリクロスで同点ということはなく、お互いちゃんと復習していたんですね。かなりディフェンシブになったエスパルスが残り時間を使って終了。。。。。。まぁ、点が欲しいジェジンと西野は結構 ガツガツしてたけど。


お疲れ様でした。


TODAY'S WINNER です、王者の旗も・・・・・・・。

さて、今日のポイントであった、チームは学習し、進歩しているか?については大丈夫といえるレベルになってきたと思います。なぜなら、先制された後のチームの落ち着き、観客は主審のジャッシとPKやり直しにかなり怒り心頭でしたが、下をみることなく攻め返せたという点。あとは、2点目をとられた後、と3点目を取られた後のセレッソDF陣の腰に手をやるポーズ、悔しさをかみ締めているポーズ、どっかで見たなぁと思ったら、シーズン序盤のエスパの姿でした。今日 見る限りは、点を獲られた後は、DF3人を中心にお互いに声を出して、意思の疎通を図っており、守備的にはメンタルで問題がないのを実感しました。
今日も90分で勝てばいいというのを実感しているのはチーム(選手)で、スタンド(うちのサポ)は1点先制されるとかなり焦るというのが周りの声を聞いていて良く判りました、それだけまだチーム力が上がっているという風には信用されて無いということかも知れません。
後は、これを続けていくことですが、そろそろ対戦チームも単なる引き気味のチームじゃないんだなと分析してきますので、戦力の底上げを早急にしたいですね(西野はまだ理解不足だし、本人も合わないから困っている様子)ナビスコもいいですが、リーグでも安定した戦術で、もっと勝ち点が取れようになったとき個人的には安心したと言い切れます。

|

« 試金石となるセレッソ戦 | トップページ | オランダは遥かに遠く、成田は近い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナビ杯第4節 セレッソ大阪戦 観戦記:

» 【エスパ】ナビスコ連勝!首位キープ(現地レポ) [*marosaka*]
平松康平のコメントで「ハーフタイムに監督が絶対に勝ってこいと言った」というように... [続きを読む]

受信: 2005/05/29 00:02

« 試金石となるセレッソ戦 | トップページ | オランダは遥かに遠く、成田は近い »