« 2ndステージ第12節 浦和レッドダイヤモンズ | トップページ | JJ 代表召集通知 »

2004/11/07

レッズ戦について

残虐される気持ち50%、レッズの調子がイマイチなのに賭けて30%、近所過ぎてアウェイな気分が20%。どうも他のエスパサポに比べると普段着ないでたちで出かけてしまいます。データが不利でも、過去 テレビ埼玉で見てきたレッズのイメージが抜けません>これってかなり幸せです。。。。。。

試合終了後から、へとへとでしたんで細かいところで気になったところを書いておこうと。

1)○○○さん、大型ゲーフラで試合の選手入場が見えませんでした。>悪気がないのは判るけど、サイスタでの位置取り 再考願います。

2)選手交代
浩太を使いたいのは良くわかった。実際 個人技ではツボをついた動きとかできていたし。今まで、ダメなのが判っていても後半10分は使っていた先発、早期の先手を取ったつもりが、選手との意思統一(押さえるのか、前半のままトリック{レッズが押しているんだけど押し切らせない雰囲気}を賭け続けるのか)ができてなかったかも。ベンチメンバーで考えても、レッズ岡野投入でてっきり鶴見をMFのサイドか中盤に入れて連続クリアというパワープレイかと思いましたが、ノボリとアラウとは。この2人については評価は????サイドでキープってわけでもないし、パスで崩せってかんじでもないし、ノボリはなんっていうんだろ、中盤で相手ボールとか後ろからフィードに追い込みかけるんですが、かわされたり届かなかったりで体が踊ってましたね。

3)勝てるパターンではあったけど、途中で酸素切れで気を失ったのかな。
前半はトゥーリオと北嶋の競り合いがあっていい感じで喧嘩できていたけど、途中から前線にボールが届かなくなってしまった。トップでターゲットポイントになる選手がバテていたけど、ベンチには代わりがいなかった。相手が攻め続ける中で、クリアの後が拾えなかったことで悪循環。引いていた?というより、トップからプレスが効かなくなったときに、トゥーリオのロングフィードが効き始めていたと見えたんですが、彼のところをあえて詰めなかった、攻めなかったのも後半ペースダウン要因かと。ギド監督からエスパルスは攻めてないという指摘があったようですが、エスパルスからは自発的なオープンな攻撃は少なく、その指摘はごもっともと思う一方、レッズもFWへのチェックが各チームから対策されてきてDFからのロングフィードが目立っているとも思うのですが、その意味ではチャンピオンシップは楽しみですね。

4)現実
今日はセレッソが勝っていたけど、ジュビロが何とか同点に追いついてくれたんですが、水曜日に柏の試合があります。どの下位チームもゲーム中に競ることはできているんですけど、90分の結果は上位チームに持っていかれているし、やっぱり直接対決で凌いだほうが残るという展開。
ちょっと前には来年はサイスタでのゲームが増えると喜んでいたんですが、こっちがJ2行きではアウェイが遠くなるだけですね。とりあえず、大阪は高速バスでも予約しようかな。。。。。




|

« 2ndステージ第12節 浦和レッドダイヤモンズ | トップページ | JJ 代表召集通知 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レッズ戦について:

« 2ndステージ第12節 浦和レッドダイヤモンズ | トップページ | JJ 代表召集通知 »