« 相手が上手 | トップページ | 記念品 »

2004/05/23

ノブリンプレス

今シーズンの期待のひとつに、川崎F監督であった石崎さんことノブリンがヘッドコーチに、というのがあってマンネリなスタッフのなかでは、良い補強だと思ってました。
現実シーズンが始まり、結果はでてないけど、いままでとは違った血統はなんとなく育っています。で、もうひとつ気になっていたのは、彼はこないのかな?と。

ノブリンあるところには中盤の彼が必ずおりまして、大木<=>鶴見にならい、2004年は移籍か?なとシーズン前は思ってました。実際はヘッドコーチは監督ではないわけで、融通を利かせた移籍までは至っておりませんが、練習レポートを見ても、現場責任者はノブリンだなと。彼のスタイルを導入するなら、伝道者が必要だと思うのです。ここんところの結果を見ても、いまいち理解はすすんでませんし、是非 欲しい人材です。川崎には相馬やらセッキーやらアントラーズ系の血が入り始めており、先発・ベンチは埋まってます、勝ってます。ただ、昨年観戦した2~3試合を基準にすれば、J1の上位をねらいたい清水に居てレギュラーで活躍できるレベルか?は申し訳ないがチト疑問です。でも、新ヘッドコーチと現場プレイヤーを繋ぐプレイヤーは彼のような気がします。

次節ですが、日本平ではなく、等々力が行き先になるかも知れません。その前に働こうっと。

|

« 相手が上手 | トップページ | 記念品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノブリンプレス:

« 相手が上手 | トップページ | 記念品 »